未支給年金って妻でないともらえないのか

未支給年金のお手続ができる人には、順番があるし、受け取るための要件があります。

相続手続きといっても、色々なお手続があります。
不動産の名義変更、税金のこと、年金手続、預貯金の解約や名義変更の手続き、
株式の名義変更、ライフラインの引落口座の変更や、契約者変更などなど。
“未支給年金って妻でないともらえないのか”の詳細は »

不動産を相続した際にかかる税金

相続の手続きを進めるには、まず相続人同士でよく話し合い、誰がどのように相続するかを決めることが大切です。

亡くなられた方が不動産を所有していた場合、相続登記をしますがその際にかかる税金があります。
“不動産を相続した際にかかる税金”の詳細は »

110万円までは非課税の落とし穴

相続税を心配するなら、毎年110万円づつの贈与も相続税対策の一つになります。事前にできる対策を検討してみましょう!

親が子に対して毎年110万円ずつ贈与し、子供名義の預金口座に貯めておくといった話があります。
これは、贈与税の基礎控除が110万円まで認められているためです。
税務署に、自分の預金であると認めてもらうには、次のような「実態」が必要です。
“110万円までは非課税の落とし穴”の詳細は »

相続で貸付た事業用宅地等の用件とは

相続開始前から申告期限まで引き続きその宅地等を自己の貸付事業の用に供していること。

(1) 被相続人の貸付事業の用に供されていた宅地等を取得した被相続人の親族が、相続開始時から申告期限までの間にその宅地等に係る被相続人の貸付事業を引き継ぎ、申告期限まで引き続きその宅地等を有し、かつ、その貸付事業の用に供していること。
“相続で貸付た事業用宅地等の用件とは”の詳細は »

相続税が申告できないやむをえない事情

本来受けることができる特例が受けられなくなるばかりでなく配偶者の大幅な税額の軽減がなくなります。さらに重加算税まで課税されます。

相続又は遺贈に関する訴えが提起されている場合
“相続税が申告できないやむをえない事情”の詳細は »

相続の時の税額が軽減される事情を覚えろ

相続税の申告期限は、相続開始のあったことを知った日の翌日から10か月以内とされています。

被相続人の財産は配偶者と共同で蓄積してきたものであること及び配偶者の老後の生活費を考慮して配偶者の税額軽減が設定されています。
“相続の時の税額が軽減される事情を覚えろ”の詳細は »